地域社会連携・地域経済自立委員会の取り組み

2017/03/01

 

さて、2月もあっという間でありました。

那覇JCの総会は勿論のこと、各LOMの総会周りや地区賀詞交歓会、姉妹JCの就任式典など毎年この時期恒例ではありますが、体調も崩さず全ての公務を欠席すること無く2月を終え、ホッとしております。

毎回、那覇JCの正副役員・理事役員を筆頭に、それぞれが仕事の合間を縫って多くのメンバーに参加頂いてることに本当に感謝の思いであります。そんな中、今年の那覇JCの各委員会の取り組みもそれぞれ動き出しております。

月初めには今年の那覇JCの新体制のご報告と取り組みの抱負を兼ねて城間那覇市長への表敬訪問に行って参りました。

昨年の「那覇市みらい会議」、「学生英語スピーチコンテスト」にご参加頂いた御礼を申し上げ、本年の運動に対しても様々な意見交換を行い、引き続きご理解、ご協力を頂けるお声も頂き、大変有意義な時間となりました。城間那覇市長は就任時の政策の一丁目一番地に「待機児童の解消」を掲げ、任期の折り返しを迎えた今年、政策の二丁目一番地を「中小企業が活性化するような経済政策」としています。本年、安本委員長率いる地域経済自立委員会が取り組む意義は非常に大きいと感じました。

そして、先日は中村政也委員長率いる地域社会連携委員会の今年の取り組みに向け、那覇警察署にて那覇市防犯協会との団体委嘱状交付式に参加して参りました。那覇市の安心・安全について様々な課題や必要性を聞く事が出来、私たち那覇青年会議所に対して期待すること等もお聞きする事が出来ました。観光が好調に推移する那覇市、インバウンドの観光客も街中で多く目にするようになってきましたが、それに伴い対策せねばならない事、最近新聞紙面等でも多く目にするヤミ民泊対策のお話など聞く事が出来ました。

 

 

 

先日は安本委員長担当の地域経済自立委員会の本年の事業取り組みの打ち合わせの為に沖縄尚学高等学校を訪問。

名城政次郎校長、名城政一郎副校長を始め、与座教頭先生、金城教頭先生にお話を聞いて頂き、沢山のアドバイスも頂きました。

内容はまだ詳しくは話せませんが、一年を通して面白い事業になりそうですので、しっかりと取り組んで行きたいと思います。

沖縄尚学は昨年も「学生模擬選挙」を開催したりと毎年、私たち那覇青年会議所の事業・運動にご理解とご協力を頂いております。

 

各委員会がそれぞれ本年の事業・運動に向けて動き出しております!本当に頼もしい限りです。

3月も引き続き気合で走り抜けますよ!

第55代理事長 渕辺 俊紀