top
top
top
top2
top2

緊 急 声 明

一般社団法人那覇青年会議所
第58代理事長 鈴木 健太
昨年10月の首里城焼失、そして豚熱と我が沖縄県を未曾有の頻度で次々と災難が降りかかっています。まるで拍車をかけるように、新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るい、中国を発端に世界中に感染が広がっています。
観光立県である沖縄県には年間約1000万人の入域観光客数があり、その内約300万人は外国人が占めている状態です。
日韓関係の悪化で韓国人観光客も減少していた中、さらに今回の新型肺炎により中国人の団体旅行はほぼ禁止され、その他の国籍についても日本への渡航はキャンセルが相次いでいる状況です。
観光客の減少が、沖縄県の県都である那覇市の経済にも大きな悪影響を与えることは避けられない事実です。引いた波が打ち返すように、その影響はある程度の時間差で押し寄せ、観光業から様々な産業へ波及していくで...  続きを読む

一般社団法人 那覇青年会議所
2020年度 第58代理事長 鈴木 健太

理事長所信 第58代理事長 鈴木 健太
2020年度 第58代理事長 鈴木健太

約30年間続いた「平成」の時代が終わり、新しい元号「令和」の時代を迎えた。私たちが日々暮らし、働く、この那覇の街は人々の目にどのように写っているだろうか。
昼夜を問わず国際色豊かな人々で賑わう繁華街。交通渋滞が激しい幹線道路。あふれんばかりの子どもたちの笑顔。寂れてしまった商店街。はたまた大混雑する那覇空港だろうか。
沖縄は景気が良いと多くの人々が口を揃えるが、賛否両論あるだろう。沖縄県の発表によると2018年度の入域観光客数は前年比4.4%増の999万9千人に達し、ハワイの年間入域観光客数を超えたとの報道もある。その内外国人観光客数は約300万人を占め、11年連続で過去最高を更新した。公共・民間工事の受注増や国内外観光客の需要増加などが寄与して、県内企業の景況感を示す数値も31期連続でプラスを示している。その一方で雇用に関する数値のみ全業種でマイナスとなり、深刻な人手不足が浮き彫りとなった。
様々な統計を紐解いてもほとんどが好況な沖縄を表している。これらを額面通り受け取るならば、「景気の良い沖縄」には今後も多くの人が訪れ、さらに人手不足が進むということだろうか。那覇空港の第2滑走路は2020年に供用開始予定であり、那覇港第2クルーズ岸壁の建設計画も進み、新規ホテルの建設も相次ぎ、さらなる入域者を受け入れるインフラ整備は着々と進んでいる。

No image

緊急声明

緊急声明   令和2年3月5日   一般社団法人那覇青年...

1/28(火)那覇JC 第145回通常総会のへのご参加と御礼

【第145回通常総会及び懇親会】 総務・渉外委員会 委員長の神谷です。 去った1...

2020年新役員就任式&餅つき定例会

【2020年新役員就任式&餅つき定例会】 こんにちは。総務渉外委員会委員長の神谷で...
g_2

入会案内

一緒に活動する“仲間”をまってます!

一般社団法人那覇青年会議所(JCI那覇)は、明るい豊かな社会を築くため、また、より良い「まちづくり」「ひとづくり」を目指すために、20歳以上40歳以下の青年経済人で組織された団体です。
このスローガンのもと、那覇JCの活動を力強く展開していくために、何事にも積極的にポジティブな新しい仲間を広く募集しております。
詳しくは「入会案内」または、下記のお問い合わせよりご連絡ください。

 

お問合せ

CONTACT


 
所在地 〒901-0145 沖縄県那覇市高良3-9-5
TEL 098-858-1110
FAX 098-858-1010
受付時間 平日10:00~18:00

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

タイトル

メッセージ本文

 

MAP